プーケット滞在時の習慣とマナー

タイ国の王室

ラーマ9世 プーミポン・アドゥンラヤデート タイ国王

タイ国王陛下 タイの人々はタイ王室をたいへん尊敬しています。ほとんどのタイ人の家には、国王の写真が掲げられています。現在の国王はプーミポン・アドゥンラヤデート国王。国王はラーマ9世とも呼ばれます。大きな駅やバスターミナル等では朝晩2回、タイ国家が流れますが、その際は、全員起立して国歌が終わるまで待たなければなりません。 また、タイ国王は絶対的な権力者でもあります。

タイでは国王と王妃の誕生日は、国を挙げて盛大に祝います。ここプーケットで島のあちこちで催し物が開催され、夜には花火が打ち上げられます。国王誕生日は12月5日。王妃誕生日は8月12日。それぞれ父の日、母の日でもあり、これらの日は祝日となります。

王室を侮辱するような言葉は絶対に慎まなければならない。タイには王室不敬罪と言うものがあり、 目にあまる態度をとった場合は警察沙汰になることもあるのです。

タイでのマナー

敬虔な仏教徒

プーケット寺 タイ国民の95%が仏教徒です。日本は宗教色の薄い国ですが、生活の随所に仏教的習慣が多く含まれて居ます。 そういった意味で、タイの人々と接していると親近感が生まれることもしばしば。また文化的にも、 日本と同じようにお米を主食にした食文化や、年配の方を敬う習慣等のアジア的感覚は、私達日本人に非常に親しみやすい感覚です。 日本には「親しい仲にも礼儀あり」という、言い回しがあります。 同じアジアではありますが、生活習慣には若干異なる点もありますので、彼らの持っている「礼儀正しい日本人」のイメージを傷つないよう、旅行中は現地のマナーに沿った、行動を心がけるべきでしょう。

仏様とお坊さん

ワット

プーケット寺 ワット(寺院)は最も神聖な場所なので訪れる際は、短パン、ノースリーブなど肌を露出した服装は避けるように。 僧侶には敬意を示すように、タイの僧侶は女性との一切の接触が禁じられているので、 むやみに話しかけたりと言った行動も慎まなければなりません。 また、面白半分に仏像の写真を撮ったり、仏像に触ったりすることは、 トラブルの原y因になりますので、避けなければなりません。 仏像と肩を組んで写真を撮ったり、女性が肌を露出した格好で写真を撮ったりするのは厳禁。

現在の項目

タイの時差とマナー

項目のページ数

1| 2ページ

現在のページ

1ページ

プーケットオプショナルツアー
スノーケリングツアー
タイと言えば象ツアー
プーケットファンタシーツアー
サイモンキャバレーツアー
パンガー湾カヤックシーカヌー
(C)ダイビングショップ ほうぼう屋プーケット店