プーケット島への道のり

飛行機でプーケットへ

飛行機でプーケットへ 日本からタイへのフライトは、さほど苦しさを感じない長さで、場所により異なるが5時間〜6時間半くらいだ。 ANA、JAL,ノースウエスト航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空など数社が、プーケット便を運航している。 プーケット便以外を利用する人は、まずバンコクに入り、バンコクから国内線を利用して、プーケットへ行く。 バンコク発、プーケット行きの国内線は、朝から晩まで約1時間おきに出ているので、日本からの飛行機が到着する時刻に合わせて、プーケット行きの乗り継ぎ便を見つけることは難しくない。

プーケット空港外観 バンコク到着が夜遅く、プーケットへの乗り継ぎ便が終了している場合は、バンコク空港周辺のホテルで一泊し、 翌日プーケットへ飛ぶことになる。バンコク空港周辺には、数件のホテルがあり、旅行代理店で手配することができる。 バンコク空港で乗り継ぐ場合は、空港内がとても広いので、乗り継ぎには余裕をもっていこう。日本から到着後、 プーケット行き国内線へ乗り継ぐ場合の、国際線と国内線の出発時間の間隔は、最低2時間は見ておいた方が良い。 バンコクの空港は、国際線と国内線でターミナルが別れているが、それぞれのターミナルは、空港内の通路で繋がっているので、国内線に乗り継ぐ際は、この通路を利用しよう。また、飛行機へ搭乗するゲートナンバーはよく変わることがあるので、必ず航空券をチェックすること。バンコクからの所要時間は約1時間10分と短く、離陸してからアット言う間にプーケットに着く感じだ。東京、大阪、名古屋、福岡等からはタイ国際航空が、プーケット行きの直行便を運航している。直行便は航空運賃が若干割高になるが、時間を節約できる上に、乗り換えがないので便利だ。

バスでプーケットへ

サラシン橋で本土と結ばれているのでプーケット島へはダイレクトに入れる。 バンコク〜プーケットは所要約14時間。種類は普通バス、エアコンバス、VIPバスがある。 普通バスにはエアコンがついていない。エアコンバスには公営と私営があるが、料金やサービス内容はほぼ同じ。 VIPバスはエアコンバスの豪華版。チケットの購入については、私営のエアコンバス、VIPバスの場合は事前に 予約しておくのがベター。予約はバスターミナルにあるカウンターで行う。公営の場合はターミナルの窓口で チケットを購入する。

長距離バスで移動する場合は、バンコク発が南バスターミナルからでいくつか種類があります。
スーパーVIP 24シート 1日2本 所要時間14〜15時間 
755B(軽食付き)かなりのリクライニングが出来る。
VIP 36シート 1日2本 所要時間14〜15時間 490B
普通バス 約300B前後 1日3本 所要時間14〜15時間

全てのバスはプーケットタウンのバスターミナルに着きます。

プーケットオプショナルツアー
スノーケリングツアー
タイと言えば象ツアー
プーケットファンタシーツアー
サイモンキャバレーツアー
パンガー湾カヤックシーカヌー
(C)ダイビングショップ ほうぼう屋プーケット店